山の奥のNICを買った

この記事は山の奥 Advent calender 2日目の記事です。

「イ良い日ンマ」に次ぐよく分からない怪しいブランド「山の奥」。怖いもの見たさにポチったら本当に山の奥と印字されて届き、さらには容量も問題なくてやや速いというブランドです。

「山の奥のmicroSD買いました〜」とかやってもそんなに楽しくないので、今回NICを買ってみました。NICもたまたま不足していたので欲しかったんですよね。今回はそのレビューをします。

なんと驚くことに山の奥の文字がどこにも見当たりません!これでは買った意味が全くないではないですか!

どうしようもできないのでMacBook Proに接続することにしました。

通信すると赤色LEDがはげしく光ります。安いUSBメモリみたいです。

しかし困ったことにネットワークの設定にはNICが出てきません。(一覧にあるUSB1…00 LANは会社で使っているギガビットのNICです)うーん、ドライバインストール用のCDはなんとなく入れたくないので、結局使うのを諦めました。

これで終わるのもアレなので、Raspberry Pi(Volumio)で使ってみることにしました。

いつものように繋いで電源をONにしたところ、普通にWeb UIを表示することができました。

操作は問題なかったのですが、速度が結構遅くNASから音源を再生しようとするとプツプツになりました。テキトーにゼロピッピにでも使おうかなと思います。

山の奥なのに変な要素はないの!?と思ったらありました。ドライバーのCDが色々と変です。謎のパンダマークにCD-Rの文字。そして怪しいcompact discロゴといい、不安しかないです。

なんかこわいのでCDは一切使用していません。もし友利奈緒か神崎蘭子の方がいらっしゃいましたら、ぜひ検証していただきたいです。

WI-1000Xを買った

前座

Gearbestで買った怪しいXia○miのイヤホンが断線してしまい、Amazonで似たようなものを購入しました。ですがどうやら偽物だったらしく3日で左側が故障。まあ999円だったし偽物だったんだろうなあと思っていたので、仕方ないかな?

ボクはどちらかというと音質よりも機能性を重視しており、ノイズキャンセリング機能やイコライザなどを気にしていたところ、金剛の方”ろ”の人がイチオシしていたソニーのWI-1000Xを注目していました。高いイヤホンってそんなに良いの?って思っていましたが、ノイズキャンセリング機能が非常に優秀で音質も良かったの目星をつけていました。値下がりするか新型が出たら買おうかなあって思っていたのです。

続きを読む WI-1000Xを買った

iPhone7の不満を解決するべくDAC-HA200を買った

iPhone 7 Plusを使っていて唯一の不満点、それはヘッドホンジャックがないことです。

もちろん今までのヘッドホンが使えるように、Lightning-3.5mmの変換アダプタは付属していますが、小さいので無くしやすいのです。ずっと装着したら良いと思ったのですが、PCにも使ったりするのでう~ん。

ここで冷静に考えてみます。変換アダプタが小さいから無くしやすいのであって、大きければ無くしにくいのではないかと思ったのです。大きい変換アダプタとなるとそれはただのDACなので、DACを買うことにしました。 続きを読む iPhone7の不満を解決するべくDAC-HA200を買った

iPhone7にした

iPhone 7 Plusを買いました。

今まで使っていたiPhone 6がちょうど更新月であり新しい機種にして新しい契約にしたいなあと思っていたのです。
キャリアで契約しているのであれば2年ごとに機種変かMNPするべきというのが持論です。理由に関しては省略しますが、まあ「料金同じままで古い機種を使い続けるのであれば新しい機種にしたほうがいいよね」って感じです。
さて、私の場合は機種以外にもSIMカードの契約と新しく入ってきたApple Payの問題が入るので想像以上にややこしいことになりました。

機種

AndroidのフルHDディスプレイに溺愛してしまったので、iPhone 7 Plus一択です。デュアルレンズを活用したズームも気になっていた、というのもあります。本体カラーは今まで黒(3GS)→白(4S)→黒(5)→白(6)となっていたので、今回は黒かな-?と思ったのですが、突如PRODUCT(RED)がラインナップに追加されたのでこれを選択。赤いからと言って性能が3倍速いわけではないのですが、赤色系のカラーリングは好きなので気に入っています。

SIMカード

次に用意するのはSIMカード。諸事情で電話回線を2回線持ちたかったので、いままでの電話番号はワイモバイルにMNPで飛ばすことにしました。この回線のSIMカードをiPhone 7に…ではなくて、こちらは今までのAndroidスマートフォンに使うことに。Androidスマートフォンの方は電話やメールメインにして、iPhoneはLINE/SNSメインで使いたかったのです。
肝心のiPhoneに差すSIMは、LINE MOBILEのコミュニケーションフリープランにしました。SNSメインの携帯だったらこれが一番ですね。MVNOの中では速度も安定しているようですし安心です。

ヨドバシカメラでスターターキットを買ってきましたが、今思えばこのまま回線開通させておけばよかったなと後悔。

Apple Pay

日本で販売されるiPhone 7/iPhone 7 Plusの一番の特長はFelicaを使用したApple Payが使えることです。
早速モバイルSuicaから機種変更手続きをして使用開始。携帯単体で改札通れるの超便利…と思ったのですが私の定期は地下鉄全線なのでまったく活躍しない事態に…。コミケとかに行った時(行くのか?)に役に立ちそうな気がします。

でも福岡でも使いたい!できれば忙しい乗り換えの時にすぐに決済したい1ということもあり、三井住友カード デビュープラスを発行してiDを追加しました。三井住友やイオンカード系はQuicpayではなくてiDになるので自販機でも使えるのが良いですね。

まあそんな感じで、カメラのレンズも進化して非常に使いやすくなっているので、これから長く長く使っていきたいところです。

【今年のベストバイガジェット2016】ZTE Nubia Z9 Maxはコスパ高い中華スマホだった

この記事は「今年のベストバイガジェット2016 アドベントカレンダー」21日目の記事となります。

さて、今年自分が買ったガジェット、数えてみればたくさんあります。

今年買ったもの(一部抜粋)

Speed Wi-Fi Next W01

要は白ロム。mineoなどのMVNO回線のSIMを使用することで、安価にWiMAX2とauのLTE回線が使用することが出来ました。

Panasonic Lumix GX1

ミラーレス一眼のカメラです。以前、高級コンデジであるソニーのRX100があったのですが、やはりレンズは変えたいという気持ちがあり購入。

ZTE Nubia Z9 Max

ZTE製の中華スマホです。今回の話はこれ。

というわけで、今回は自分が買った最もアタリだと感じたガジェットである、ZTE Nubia Z9 maxについて紹介します。 続きを読む 【今年のベストバイガジェット2016】ZTE Nubia Z9 Maxはコスパ高い中華スマホだった

HTC Desire EYEを買った…夢を見ました

iPhone 6のバックライト半死から1ヶ月が過ぎ、代替としてZenPad 7.0を使用しているのですが、やはりポケットに入れることができないのにはどうしても耐えられません。そのようなこと(そして予算の都合)もあり、HTC Desire EYEを購入しました。
htc0

Anker SoundCoreを買った

Surfaceを超える音質を期待して買ってみました。

Anker SoundCoreはポータブル型のBluetoothスピーカーです。似たような機器としてAmazonベーシックのポータブルBluetoothスピーカーやBoseのSoundLink Mini Bluetooth Speakerがあります。

どれも似たような製品ではありますが、このAnker SoundCoreはこのカテゴリの中では最も安価に購入ができます。Amazonベーシックでさえ5千円なのに対してこちらは4千円です。もちろんすべての機器を持っているわけではありませんから比較することはできませんが、このスピーカーでどれほど満足できるか確かめることにしました。

続きを読む Anker SoundCoreを買った