Twilioを活用してツイキャス電話相談室をする

要はTwilioを使った電話転送です。

もう小中学生の方々は夏休みが終わる時期に入りました。夏休みの宿題とかいうものなんて9月に入ってからやっていた気がします。それはさておき、この時期になるとNHKラジオ第一では「夏休み子ども科学電話相談」という番組があります。各カテゴリのエキスパートが子どもたちからのとてもユニークな質問にこれまた深い答えで返しているのは、聴いている私たちにとってもとても感心させられます。

このような、「一般的な電話」を活用した「放送(ライブ配信)」をやってみたいとは思いませんか?Twilioを活用すると少しの料金で誰でも簡単に実現できるのです!

スクリーンショット (189)

そもそもTwilioについて誤解の無いように説明すると、Ruby,PHPなどの言語を使ってAPIを用いて操作できる「クラウド電話ゲートウェイ」です。050番号で着信を受け付ける点に関しては050PlusやSkypeInと似ていますが、あれは電話を受けるだけのゲートウェイに対してこちらは受け流したり、一連の操作を自動化したりすることができます。

例えば、「電話認証を使った本人確認サービス」とか「SMSを使った二段階認証」、大規模に構築するなら「シャープと数字を押してなんやかんやするコールセンター」なども簡単に作れます。

流石に050番号を用いているので本番運用するとお金はちょっとかかりますが、無料トライアルもあるので安心してスタートできます。

Twilioの利用にはTwilio アカウントが必要になります。もちろん電話認証があるので携帯電話を準備しておきます。

スケッチ (4)

なn
何も考えずに「検索」をクリックする。

アカウントの登録を済ませてログインしたら、Twilioで使う電話番号を購入します。一般的な例としては、SMSを使うならアメリカの番号、電話を受け付けるなら050番号、フリーダイヤルにしたいなら0120番号でしょうか。

スケッチ (5)
「+81 50」から始まる番号は050番号。0800とか0120とかなっているのはフリーダイヤルなので注意。

これで購入完了です。次に電話番号の管理画面を開いておきます。

スケッチ (7)

一見難しそうですが、3回クリックするだけなので簡単ですね。

次に、この電話番号に着信が来た時の挙動を指定します。本来であればここからプログラミング言語を使ったりしていろいろカスタムするのですが、ここでは簡単にTwilio Labsを使ったプログラミング不要の簡単な電話転送を使います。

Twilio Labsのページにある、HTTP GET APIをコピーします。そしてURLの数字の部分には、先頭の0を省いた転送先の番号を指定します。050-1234-5678なら、5012345678と記述してOKです。

スケッチ (3)

スケッチ (8)

先ほどの管理画面に先ほどのURLを貼り付けて保存します。これで完了です。あとはTwilioの電話番号を公開すると、自分の本当の電話番号は隠して受け付けることができます。

実際に自分もこれを使ってツイキャスをしてみましたが、思ったより工夫が必要でした。

  • グダらないために通話時間は決める
  • 電話をかけてもらう人には「ツイキャスの音声を切ってもらう(でないと、トークバックしてしまう)
  • 電話を受け付ける電話機はハンズフリーモードにするなどして音をマイクで拾えるようにする

といったところでしょうか。

電話を取り入れた放送、とても楽しいですよ!この機会にあなたの放送にも取り入れてみてはどうでしょうか!

バッテリー残量をタスクバーに表示するツール「Batterybar」を入れた

普段、外でパソコンを開いて作業をするとどうしてもバッテリー残量が気になります。しかし、Windowsの電池残量表示はとても見づらいのです。

スケッチ

目立たないのでそれはそれで良いのですが、「気づいたら残量が30%切ってた」なんて事がよくありました。

ThinkPadだと大きなバッテリー残量バーが表示されて、ああいうのないかなーと思っていたのですが、同じように大きく表示できるユーティリティを見つけたので紹介します。

続きを読む バッテリー残量をタスクバーに表示するツール「Batterybar」を入れた

Anker SoundCoreを買った

Surfaceを超える音質を期待して買ってみました。

Anker SoundCoreはポータブル型のBluetoothスピーカーです。似たような機器としてAmazonベーシックのポータブルBluetoothスピーカーやBoseのSoundLink Mini Bluetooth Speakerがあります。

どれも似たような製品ではありますが、このAnker SoundCoreはこのカテゴリの中では最も安価に購入ができます。Amazonベーシックでさえ5千円なのに対してこちらは4千円です。もちろんすべての機器を持っているわけではありませんから比較することはできませんが、このスピーカーでどれほど満足できるか確かめることにしました。

続きを読む Anker SoundCoreを買った

Raspberry Pi Zeroをポチった

Raspberry Pi Zeroは人気が高いのかすぐに在庫切れを起こします。個人的にも欲しいので在庫は定期的にチェックしていたのですが、たまたま入荷していたようです。一人一個限定で

続きを読む Raspberry Pi Zeroをポチった

GWにやったこと

5月1日(日曜日)

門司港レトロでイベントが開催されているのは知っていたものの、誰が参加するのかいまいち把握できずに「うーん」と考えていたら昼になっていた。この日はひたすら仮想マシンで現在動いているWordPress用の環境を構築するのに奮闘していた。なお、ここで構築した仮想マシンで現在すべてのWebサイトは動いている。

続きを読む GWにやったこと

ヤマハリ西日本遠征 Part4

2016/3/28 神原邸

名古屋を後にしてまた関西に戻ります。とは言っても今まで通った道を戻るわけですが。

さて今日もまた移動です。名鉄で名鉄名古屋まで移動して名古屋駅まで向かいます。

Evernote Camera Roll 20160330 174433

名鉄のパタパタ発車標好き。(遠征中は気が付かなかったのですが、名鉄名古屋駅は発車標がプラズマディスプレイなんですね…)
さて、今頃になって話しますがこの遠征で日程を立てる時に一番の問題だったのが「私鉄が多すぎて18切符を消費できない」ということです。スルっとKANSAIの乗り放題切符を勧められて買おうか悩んでいたのですが、元が取れないと判断したので買っていません。結果としては正解だったようです。

続きを読む ヤマハリ西日本遠征 Part4

Surface Pro 3を修理に出した

やっと帰ってきました

事の発端は先月のこと。UEFIのアップデートにコケてバッテリーが認識できなくなりました。更に保証も切れており有償修理扱いとなりました。修理代金を書くのは億劫になるので控えておきますが、敢えて言えば「iMacの修理代金並」でしょうか。遠征前のトラブルだったのでかなり痛かったです。
Twitterには書いているかと思いますが、実は修理2回目です。本来であれば1~2週間で届くのですが、届いたSurfaceにWindows Updateを適用したら今度は起動すらできなくなったので再度修理依頼をすることに(この修理は無償でした)。ずれ込んで遠征中に届く羽目になりました。迅速な対応は良かったけど、タイプカバーとケースとフィルムが残った環境は精神的に来るものがありました。
1回目2回目の修理どちらにでもありましたが、「届いたSurfaceのOSはWindows 8.1かWindows 10が搭載されていますが、どちらが入っているか分かりません。ご了承いただけますか?」と聞かれましたが、私は「どちらでも構いません」と即答しました。UWPアプリを開発したいこともありWindows 10が搭載されていてほしいのですが、仮にWindows 8.1が入っていても無償アップデートできるので結局変わりはありませんからね。

続きを読む Surface Pro 3を修理に出した

ヤマハリ西日本遠征 Part3

2016/3/25 ヒロ邸

またまた移動です。今日は生瀬駅からスタート。

近くに武田尾駅があるとは…!(詳細はWikipediaを見ていただくとして変な駅です)行ってみたい気もしましたが次の場所へ向かうために普通に大阪行きの電車に乗ります。到着時にかなり時間があったのでちょっと寄ればよかったなと後悔してます。

続きを読む ヤマハリ西日本遠征 Part3

ヤマハリ西日本遠征 Part2

2016/3/23 らずは邸

ぼく「携帯の目覚まし止めないと・・・、あれ・・・誰もいない」

朝起きたら漣ちゃんがいた。眠気が一気に吹っ飛びました。最高すぎる。

朝かららずはさんとはお別れして兵庫まで向かいます。 続きを読む ヤマハリ西日本遠征 Part2