もしあなたが井口さんと同じ立場になったら

この記事はSHIROBAKO Advent Calender 2020 の17日目の記事です。

私は新卒3年目で転職をして2020年からいまの仕事をしているのですが、様々なことがありました。

その時に「これは井口さんと同じ境遇ではないか」と思う瞬間が多々あったので、どうすれば良いのかを書いておきながらできていないことが多すぎてとても辛い気持ちになりましたが自分なりに考えてみました。

SHIROBAKOとは関係ない内容が多めですが、ご容赦ください。

“もしあなたが井口さんと同じ立場になったら” の続きを読む

ミツ☆ボシ2019

A:don:vent Calendar 2020 11日目の記事です。

去年の話にはなりますが、神奈川県の横須賀市で行われたサブカルイベントであるミツ☆ボシのときの話をします。コスプレOKだったので、ハイスクール・フリートのメンツの方々と合わせしようぜ!となりまして、そこに参加したときの話です。大変貴重な機会だったのでこのように記事として残しておこうと思ったわけです。

“ミツ☆ボシ2019” の続きを読む

転職をして1年が経ちました

これはmohikanz advent calender 2020の8日目の記事になります。

前日はdenden6464_katatsumuriさんの本当にあったIT怖い話でした。退職周りって怖いですよね。では転職するきっかけから転職した後と今の話をフィクションを交えつつ、僕もその話をしましょう。

学んだこと

  • Serverless Frameworkの扱い方とか
  • backlogとか
  • Gitの一連のフローとか
  • Laravelの拡張した使い方とか
  • 綺麗なコードを書く為の心構え
  • テスト

Laravelの拡張した使い方、というのはサービスレイヤーやリポジトリレイヤーが追加された状態です。一見すると周りくどい記述になっているので、ゲームブックのようにプロジェクト内を探し回ったりしていましたが、やたら重いコントローラーやモデルが発生していないので「なるほどこれがきれいなコードなのか」ってなってました。

Backlogは、当初はRedmineなどとどう使い勝手が違うのかがわからない上に有料だったこともありあまり使ったことがなかったのですが、リポジトリをまたいで課題を管理できたり、カンバンがあったりなどと便利な点が多々あることに気づきました。あと、git初心者にもやさしいUIなのが助かりますね。文法がややちがうmarkdownには困りますが…。

そしてテスト。特筆するぐらいテスト周りに特殊なアーキテクチャが使われているわけではないのですが、ちゃんとしたテストをしたことが無かったのでフィードバックをもらうたびにメンタルがガリガリ減ってました。がんばれシャミ子。

“転職をして1年が経ちました” の続きを読む

劇場版SHIROBAKO再上映版を観た

ざっと書くのでまとまりがない。この先ネタバレがあるかもしれない。極力避けて書くが万が一あった場合は許してほしい。

去年夏のコミックマーケットで劇場版SHIROBAKOの前売り券を購入していたにもかかわらず、コロナの影響で観に行くタイミングを失ってしまった。完全にやらかしたと思って半ば諦めていたころ、再上映版が公開された。とはいっても再上映版じゃ前売り券使えないんじゃないかなあと思ったら使えるとの表記。その瞬間、前売り券を片手に総武線に飛び乗った。

“劇場版SHIROBAKO再上映版を観た” の続きを読む